beyond the forest

鈴木良雄 音楽生活50周年記念リリース

結成18年を迎える BASS TALK 6年ぶりの4th アルバム
森の緑のやさしさに包まれた心地よい音世界

鈴木良雄 BASS TALK / Beyond The Forest

3月21日発売

FMSC-1001 税込¥2,700(税抜¥2,500)
<発売元> FRIENDS MUSIC


Bass Talk「Beyond The Forest」
リリース記念 コンサート
2019年5/26日(日) 白寿ホール

(問合せ)フレンズミュージック
friendsmsc@nifty.com

 

●1973年~‘85年在米中に、アート・ブレイキ―&ジャズ・メッセンジャーズにレギュラーメンバーとして参加するなど、50年に渡り、世界的なベース奏者として活躍をしてきた鈴木良雄が2001年に結成したグループBass Talkの独自の音楽世界が結実した集大成アルバム。

●ベース、ピアノ、フルート、パーカッションのカルテットによるアコ-スティックな響き、鈴木良雄の曲そして野力奏一の素晴らしいアレンジが耳に心地よい。

●ゲスト参加した石川滋(読売日本交響楽団ソロコントラバス)の美しいコントラ・バスも必聴。

<パーソネル>
鈴木良雄 (bass)
野力奏一 (piano, keyboards)
井上信平 (flute, alto flute, bass flute, piccolo)
岡部洋一 (percussion , congas)
*ゲスト:石川滋 (bass)
プロデュース:鈴木良雄、伊藤潔
2018年11月東京、サウンド・シティ・スタジオにて録音
録音:後藤昌司
2018年12月ニューヨークにてミックス
エンジニア:ジェイ・メッシーナ

<収録曲目>

1. ザ・カイト The Kite 6:59
大空を上昇気流に乗ってゆったりと自由に飛び回る鳶(とび)。

2. 筏衆  Ikadashu  6:41
生まれ故郷の木曽福島でいつもコンサートを主宰してくださっている「木曽木遣り筏衆」の方々に捧げる曲。

3. Monet モネ * 4:44
大好きな作曲家RAVELの影響を受けたかなと思える作品。同じ印象派の画家 「MONET」と曲名をつけさせていただきました。

4. Mountain Spirits  マウンテン・スピリッツ 2:43
奥深い山々には神様がいらっしゃいます。

5.Brezza di Cremona  ブレッザ・ディ・クレモナ 5:55
イタリアにある弦楽器制作の聖地、クレモナに行った時の印象。

6. Autumn Embrace  オータム・エンブレース * 4:39
秋が人をやさしく包み込んでくれる。

7. Canoe  カヌー 5:59
カナダからアラスカを下りベーリング海に注いでいる雄大なユーコン川をカヌーで下る。

8. Beyond the Forest  ブヨンド・ザ・フォレスト 3:38
森の彼方に飛んでいきたい。

9. Cheers  チアーズ 4:17
「本当に久しぶり。元気だった?」しみじみと乾杯。

曲解説:鈴木良雄

All the songs composed by Yoshio “Chin” Suzuki,
Except “Ikadashu” by Yoshio”Chin”Suzuki & Soichi Noriki
All the songs arranged & programmed by Soichi Noriki

Bass Talk
2001年に結成されたフルート、ピアノ、パーカッションそしてベースによるカルテット。
アコースティックな生音を大切にして、鈴木良雄のオリジナル曲を野力奏一のアレンジでエレガントに聞かせるグループ。

井上信平の卓越したフルートと野力奏一の美しい広がりのあるvoicingによるピアノサウンド、岡部洋一のカラフルでステディーなリズム、そしてそれらすべてのサウンドを下で支える鈴木良雄の暖かいベースが聴きどころ。ベテランのミュージシャンが醸し出す、極上の大人のORIGINAL JAZZ。2004年11月、鈴木良雄の音楽生活35周年を記念してBASS TALKとしての初レコーディングアルバム「MOON AND BREEZE」をリリース。2005年6月にはEU公演を行い、エストニアNUMME JAZZ FESTIVAL出演を始め、スウェーデン、ラトビア等2週間に渡ってのツアーを行い好評を博す。2007年新たに発足させた「ONE」レーベルよりBASS TALKの新譜「LOVE LETTER」を発売。2008年3月草月ホールで40周年記念、そしてBASS TALKの集大成としてのコンサートを開き、全国65か所に及ぶ「LOVE LETTER」プロモーションツアーを行った。2012年6月に新譜CD「Dancing Luna」発売、そして白寿ホールでコンサートを開く。

 

鈴木良雄(ベース、作・編曲)バイオグラフィー

1946年長野県木曽福島生まれ。音楽家の両親と“鈴木メソッド”創始者の伯父鈴木鎮一の下、幼少の頃からバイオリ

ン、ピアノに親しむ。早稲田大学文学部卒業後1969年~73年の間、渡辺貞夫、菊池雅章のグループで活躍。73年渡米し、74年スタン・ゲッツ・グループ75年~76年アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズのレギュラーベーシストとして活躍。

1985年帰国後自己のグループMATSURI、1993年にEAST BOUNCEそして2002年にBASS TALKを結成。2008年には草月ホールでBASS TALK「Love Letter」コンサートを開く。2009年にはベーシストデビュー40周年を記念して、秋吉敏子、小曽根真ら6人のピアニストとのDUOアルバム「My Dear Pianists」をリリース。2010年1月に南里文雄賞を受賞、2月には紀尾井ホールで「My Dear Pianists」のコンサートを開く。2011年ギターリスト増尾好秋とのDUOアルバムそして2015年若者達とのバンドのCD

「Generation Gap」をリリース。2016年竹書房よりジャズ入門書「人生が変わる55のジャズ名盤入門」を出版、大好評を得る。‘チンさん’のニックネームでファンから親しまれ、日本ジャズ界のリーダー的存在である。

本年2019年音楽生活50周年を迎える。

PAGE TOP