2009年8月14日

しばしのご無沙汰でした。
7月16日〜25日の増尾とのツアー、移動が結構たいへんでしたがいつもながらに楽しかったです。
7月18日の蔵王、山形国際ジャズフェスティバルでは、去年はBASS TALKの演奏が始まったら雨がザーと降ってきて、野外コンサートなので楽器が濡れないか心配で音楽どころではなく、今年はリベンジと思っていたら、今回はフルートの井上信平とドラムの大村亘が東北自動車道の大渋滞で出演時間に間に合わず次のバンドと代わって貰おうと思ったら、そちらもまだ着いてなくて、でももうすぐ着くという事だったので急遽僕と増尾のデュオを30分やり、その間に次のバンド(椎名豊カルテット)が着いたので演奏してもらい今度はその間に信平と亘が到着して、椎名バンドの後にやっと4人揃って演奏するという離れ技をやってのけました。亘は家をでてから9時間半かかったそうです。

その後、8月8日、9日は僕のもう一つのバンド、「Generation Gap」と初めての旅をしましたが、このバンドの事については次回ゆっくりと紹介したいと思います。
というのは今回大切なお知らせがあります。
今年3月から始めていた僕と6人のピアニストとのデュオのレコーディングが終わりいよいよ10月7日に発売される事になりました。
6人のピアニストはケイ赤城、秋吉敏子、小曽根真、イサオササキ、野力奏一、山本剛で皆僕と長年一緒に演奏してきた尊敬するピアニスト達です。
コンサート、ツアーその他ライブ、色々と企画がありますのでホームページのスケジュールを見てください。中でも2010年2月8日には紀尾井町ホールで秋吉敏子さん、野力奏一、山本剛、イサオササキ、それぞれのピアニストとのデュオのコンサートがありますので是非聴きにきてください。
ライブやコンサートの音を聴いていただきたいのはもちろんですが、CDの演奏もMIXも最高の出来になっていますので楽しみにしていてください。

素晴らしい演奏をしてくださったMy Dear Pianists達に感謝、乾杯……!

                               鈴木良雄

                    
閉じる