2006年7月

 6月12日から21日までNew York へ行ってきました。

 今回は14日にJVC JAZZ FESTIVAL 2006の一環でVILLAGE にある「SWEET RHYTHM」というジャズクラブに出演するということと、海野雅威(p)とCecil Monroe(ds) のトリオでレコーディングするのが目的でした。
「SWEET RHYTHM」はこのトリオに井上信平のフルートを加えて僕のオリジナルを中心にスタンダードを交えてのライブでした。このクラブは僕がNYにいた70年代に出来たクラブで「SWEET BASIL」と同じクラブなのですが、今は名前が変わっていますが昔良く出ていたクラブの1つなので非常に懐かしくて、アットホームな感じで演奏できました。雅威もNYで演奏するのは初めてということで、張り切ってとても良い演奏をしていました。

 その後一日空けて、SOHOにある僕の古くからの友人でもあるギタリストの増尾好秋が経営しているスタジオ「THE STUDIO」でレコーディングをしました。2日間に渡り16曲録り、そのうちいいTAKEを選んで最終的に11曲にしました。
このトリオはもう3年くらい一緒にやっているのでいつも演奏しているスタンダード曲を中心に僕のオリジナルを数曲加えて録りました。NYという所は不思議なエネルギーのある所で東京にいる時とは又違った気持ちでとてもリラックスした良いセッションになりました。
増尾にはco-producerになってもらい録音にずーっと関わってもらったので安心して音楽に没頭できました。雅威もCecilも素晴らしい演奏を繰りひろげてくれましたので、まだレーベルも発売日も未定ですが、楽しみにしていて下さい。

このホームページ上のPHOTO にその時の写真も掲載しますので是非見てください。

                               CHIN

閉じる