2006年5月

 4月に久し振りにNYへ行ってきました。

 短かったけどLIVEは2回程こなし、1つはTHE KITANO hotel にDAVID HAZELTOINE(p)とTONY REEDUS(drs)のトリオで出演しました。
お陰様で沢山の人が来てくれて、Musicianも秋吉敏子さん、ルー・タバキン、小曽根真、岡崎好朗、中村健吾等、沢山の人が来てくれました。

 このTHE KITANOはここ数年hotelの2Fのラウンジで春日さんという方が始めた、JAZZ LIVEの新しい形の場所で、毎日のようにNYのJAZZ MUSICIANが出演している所です。響きが良く、リラックスして演奏できるので、Musician にもとても人気があるようです。
もう一つはTOMMY JAZZという所で、日本でも良く一緒にやっているNY在住の歌手、SHOKO AMANOとCARMEN MCRAE との共演で有名な歌伴の第一人者NORMAN SHIMMONSとのセッションでした。

 ここんとこNYづいているのか6月には僕のレギュラーバンドのBASS TALK とTRIOの混成メンバーでJVC JAZZ FESTIVAL に出演が決まりました。6月14日にSWEET RHYTHM(元のSWEET BASIL)でやることになったのですが、この間もちょっと顔出してきたんだけど、よく70年代〜80年代にやっていた店なので懐かしく、又そこで出来るのがとても嬉しいです。
ビル・ハードマン、ジュニア・クックのバンドでもよく出てたし、ART BLAKEY & JAZZ MESSENGERSの時やチャールズ・マクファーソンともやってたかな・・・・。

 もうNYのJAZZ SCENEも随分変わっちゃって昔一緒にやっていた連中はほとんどもうこの世に少なくなってしまったけどとにかく沢山の思い出が詰まった場所でまた演奏出来るのはとてもワクワクします。
今やジャズは世界中に広がり、ヨーロッパでも北欧、デンマーク、オランダ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア等それぞれのジャズが存在するようになり、またアメリカのジャズとはひと味違う、そのお国柄なりのジャズを追求していると思われます。
僕も日本に84年に帰ってきてからアメリカにはない自分なりの味を持ったジャズ(音楽)を追求してきたので去年のヨーロッパの旅、今年のニューヨーク、を起点として毎年、海外でCHIN'S MUSICを発表していけたらいいなと思っています。

 6月のNY、自分も一緒に行ってSWEET RHYTHM でBASS TALK(今回は井上信平、海野雅威、セシル・モンロー)を聞きたいと思う人はぜひ参加してください!

                               CHIN

閉じる