2004年8月1日

 5月の末から、10月27日発売の僕のNEW ALBUM のレコ−ディングをしています。

 今年は僕のプロデビュー35周年に当たるみたいで、今の僕のグループ“BASS TALK”を主にして前のグループ“EAST BOUNCE”からSAXの藤陵雅裕とDRUMSのCECIL MONROEを加え、又僕のBASSISTとしてのプロデビューのきっかけとなった渡辺貞夫さんをゲストに迎え、GUITARの増尾好秋、DRUMSの村上寛を加えた懐かしのカルテットで僕の曲を2曲吹いてもらいました。

 アルバムは今回も全曲僕のオリジナルで、PIANOの野力奏一がアレンジ、オーケストレーションを担当、最高の出来に仕上がりました。

 プロデューサーは長年一緒に仕事してきた伊藤潔、そしてエンジアーはゴッチャンこと後藤昌司、そしてN.Y.でいつもMIXしてくれている感性の素晴らしいJAY MESSINAを東京に呼びました。

 アルバムができあがっていくのは最初の曲作りから始まって最後にCDになるまで大変な時間と労力がかかる訳ですが、物を作っていくというのは何ものにも変え難い大きな喜びがあります。

 細かい事を言っていけば直したいところやうまく行かなかったところ等いっぱいありますが、PERFECTというのはないような気がします。大体PERFECTというのはどういう状態なのかわからないけどより良いものが出来るよう死ぬまで挑戦し続ける事かな。

 10月27日にこのNEW ALBUMが出た後11月10日にCD発売、及びデビュ−35周年記念のコンサートを草月ホールでやります。とても楽しいコンサートになる事請け合いです。 乞う御期

                               CHIN

閉じる