ジャズ ベース:ベーシスト鈴木良雄オフィシャルサイト

鈴木良雄鈴木良雄(ベース、作・編曲)

1946年長野県木曽福島生まれ。音楽家の両親と“鈴木メソッド”創始者の伯父鈴木鎮一の下、幼少の頃からバイオリン・ピアノに親しむ。

早稲田大学文学部卒。早大モダンジャズ研究会ではピアノを担当。卒業後渡辺貞夫に師事。彼の勧めもあってベースに転向。

1969年〜73年の間、渡辺貞夫、菊池雅章のグループで活躍。

73年渡米し、74年スタン・ゲッツ・グループ75年〜76年アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズのレギュラーベーシストとして活躍。同時にクラシック作曲法を学び、ジャズのフィーリング、クラシックの素養、日本人としての感性をミックスさせた独自の世界を築く。

85年帰国後、自己のグループMATSURIを結成し再び日本を舞台に活動を開始。

93年にEAST BOUNCEを結成、同グループ初アルバム「Kisses on the Wind」をリリース。その中の「Somewhere I Never Travelled」がニューヨークのCD101.9FMで頻繁にON AIRされたことで「BEST OF EAST BOUNCE」が全米発売される。

2002年にEAST BOUNCEを解散と同時に新グループBASS TALKを結成、新たな音世界に挑戦し続け、2004年10月には「MOON AND BREEZE」を発表。11月には草月ホールでその発売記念及びデビュー35周年記念コンサートを開催。

2005年6月にはBASS TALKでEU公演を行い、エストニアNUMME JAZZ FESTIVAL出演を始め、スウェーデン・ラトビア等2週間に渡ってのツアーを行い好評を博す。

2007年新たに伊藤潔、タモリ、五野洋と共に「ONE」レーベルを発足させ意欲的にCD制作に取り組む。6月に海野雅威(p)フィーチャーのCD「FOR YOU」、12月にはBASS TALKの新譜「Love Letter」を発売。

2008年3月には草月ホールでBASS TALKの集大成としてのコンサートを開き、全国65ヶ所に及ぶ「Love Letter」プロモーションツアーを行った。

2009年10月にはベーシストデビュー40周年を記念して ケイ・赤城、秋吉敏子、小曽根真、イサオササキ,野力奏一、山本剛という6人のピアニストとのDUOのCD「My Dear Pianists」をリリース。

2010年1月に南里文雄賞を受賞、2月には紀尾井ホールでコンサートを開く。

SWING JOURNAL誌「日本ジャズメン読者人気投票」では数年にわたりBASS部門の1位に輝く。‘チンさん’のニックネームでファンから親しまれ、日本ジャズ界のリーダー的存在である 。

 


Bass Talk

2002年に結成されたフル−ト、ピアノ、パーカッションそしてベースによるカルテット。

アコースティックな生音を大切にして、鈴木良雄のオリジナル曲を野力奏一のアレンジでエレガントに聞かせるグループ。

井上信平の卓越したフルートと野力奏一の美しい広がりのあるvoicingによるピアノサウンド、岡部洋一のカラフルでステディーなリズム、そしてそれらすべてのサウンドを下で支える鈴木良雄の暖かいベースが聞きどころ。
ベテランのミュージシャンがかもし出す、極上の大人のJAZZ。

2004年11月、音楽生活35周年を記念したアルバム「MOON AND BREEZE」をリリース、Bass Talkとしての初レコーディングである。

2007年新たに発足させた「ONE」レーベルよりBass Talkの新譜「Love Letter」を発売。

2008年3月草月ホールで40周年記念、そしてBass Talkの集大成としてのコンサートを開き、全国65ヶ所に及ぶ「Love Letter」プロモーションツアーを行った。

2012年6月に新譜CD「Dancing Luna」発売、そして白寿ホールでコンサート予定。


 

■井上信平(音楽監督、フルート)

1956年10月18日東京都生まれ。
東京芸大付属高校卒業後、アメリカ留学。ボストンのバークレー音楽院、ニューヨーク・マネス音楽院に学び、卒業後N.Y.にて活動を開始。
アメリカ各地のジャズ・フェスティティバル、レコーディングプロジェクトなどで演奏を重ね、’90年、カーネギーホールでコンサート。
’91年には、全米でCDをリリースするなど着実に活動の場を広げる。
同年より定期的に日本に戻り、幅広いジャンルで活躍。
’94年よりソウルを始め東南アジアにも活動範囲を広げる。
’97年には、ジャズと邦楽を融合させたCD「中村喜春&小唄メッセンジャーズ」をプロデュース。フルーティストのみならず、アレンジャー、プロデューザとしての評価も高い。
’98年、クラウンレコードより出した「スケッチブック」が大きな話題を呼ぶ。また、JAZZアルバム「FirstTake」も好評発売中。
「スゥインギーに演奏しながら、フルートの優しさをとてもうまく表現できるプレーヤー」とは、専門誌の評だ。
この5月に、”フルートの巨匠ハービーマン”をゲストに迎え、「スケッチブック」をリリース、日米のトップフルート奏者の共演という最高に贅沢なサウンドとなった。

■野力奏一(ピアノ)

’57年 京都生まれ。
’74年 父親の”ベラミ・オールスターズ”でに参加。
’77年 上京。ジョージ川口バンド等でセッッションを重ねる。
’80年 本多俊之バーニング・ウエイブ、山下達郎ツアーに参加。
’83年 『NORIKI』バンドを結成、アルバムも発表。
’84年 2作目。「DREAM CRUISE」発表。
’86年 「グッド・タイム・フォー・ラブ」の編曲を担当。
’87年 ソロ・アルバム「JUST!」を発表。 
’89年 福井五十雄(Bass)とCD「CRESCENT」を発表。森田芳光監督映画「愛と平和の色男」「キッチン」の音楽を担当。 
’90年 渡辺貞夫全米ツアー。日野皓正BLUESTRACK BANDに参加。 
’91年 森田芳光監督映画「おいしい結婚」の音楽を担当。 
’92年 渡辺貞夫アフリカツアー、全米ツアー、香港ツアーに参加。12月、渋谷オーチャードホールにてライブレコーディング。『渡辺貞夫ナイト・ウィズ・ストリング』にストリングアレンジとピアニストで参加。
’94年 3月、ニューヨークジャパンソサエティーホールにて伊藤君子(Vo)のライブCD「イヴニング・ウィズ・KIMIKO ITO」でスティーブ・ガット、ラルフ・マクドナルド、ウィル・リーらと競演。10月には同メンバーによる”ブルー・ノート”での3週間の公演も行われた。12月、トゥーツ・シールスマン(Harmonica)とジンサクのコンサートに参加。
’95年 日野皓正&HisGroupで全国ツアー。松木恒秀をリーダーとする”HIP”でライブ活動。11月、伊藤君子のバラード・アルバム「ソフィスケイティド・レディー」で全曲ストリングスアレンジをしスティーブ・ガット、ラルフ・マクドナルド、ウィル・リー、マイケル・ブレッカーと共演。
’96年 森田芳光監督映画「ハル」でテーマ曲を書き下ろす。 
’97年 日野皓正&HisGroup、伊藤君子Trioで全国ツアー。  
’98年 ケイコ・リー(Vo)、松木恒秀バンドでバンド活動。9月、寺井尚子(Vio)の初アルバム「シンキング・オブ・ユー」にアレンジ・ピアニストとして参加。 
’99年 ケイコーリー(Vo)のライブCD「ケイコ・リー ライブ1999」に参加。

 

■岡部洋一(Percussion)

1962年、東京都生まれ。早稲田大学在学中にブラジル音楽と出会い、卒牛前からプロ活動を開始。アイドル歌手のバックを多数つとめるとともに、様々なジャンルのアーティストと共演するようになる。
その後は、ジャズ系、ロック系のコンサートやライブハウスへの出演が増え、また来日ブラジル人ミュージシャンとの共演も多い。
現在、アバンギャルド系ロックバンド『ROVO』や、『ボンデージフルーツ』のメンバーでもある。
おもな共演アーティストは、バーデン・パウエル、大貫妙子、ショーロクラブ、向井繁春、小野リサ、村田陽一、溝口肇、中西俊博、井上鑑、EPO、酒井俊、城戸友果、ポッピー神山、角松敏夫生等

 

 

(C)1997-2014 Friends Music